野菜人気

野菜で人気が最も高いのはダントツでキャベツ

TOP > 野菜で人気が最も高いのはダントツでキャベツ

野菜で人気が最も高いのはダントツでキャベツ

食品メーカーで有名なカゴメがある調査を実施しました。

それは家庭の食生活と冬の野菜摂取に関する意識調査
というもので全国の主婦の食生活はどうなってるかを調べたそうです。

その調査項目のひとつに2013年に最も食べた野菜は?
というものがあり、それで1位を飾ったのはキャベツだったそうです。

しかも2位を突き放してダントツだったそうで、
キャベツは嫌でも売れる大人気野菜だということが
改めてわかった形になりました。

ちなみに2位はたまねぎで3位は白菜、
4位はトマトで5位はじゃがいもだったそうです。

玉ねぎはほとんどの料理で使える便利な野菜ですが、
それを突き放すとは驚くばかりです。

47都道府県で42もの地域でキャベツは1位だったとのこと。

この結果はカルビーが行った大人が好きな野菜を
調べた結果と一致するので地位はゆるぎないものと思われます。

なぜここまで人気なのかが気になりますが、
その理由はいろいろ考えられます。

とりあえずは単純に好きな人が多いことが挙げられます。
好きじゃないと売れるわけがありませんので。

ただそれを下支えしているのが露出の多さです。

つまり消費者の目に止まりやすい存在感と、
それを大々的に売り込む戦略も大きく関係しています。

まずキャベツの出荷量は全ての野菜の中で2位と多く、
季節に関係なく収穫できるものなので1年を通して店頭に並びます。

しかも1玉が大きいので自然と目に入りやすいことも
1つの要因になっていると考えられます。

収穫量はじゃがいもがトップだそうですが、
キャベツより小さくて色も地味なのでインパクトは少し薄れます。

あとじゃがいもは炭水化物の塊のようなものなので、
昨今の健康ブームがあるのかわかりませんが、
とりあえずたくさん食べても太らないとか
野菜だから栄養的にもいいからなどの理由も
少しは関係しているのかもしれません。

また、食べごたえも一番食べたという印象を
深く根付かせているのかもしれません。

野菜は通常おもくても400グラムくらいですが、
キャベツは平均的に1kgくらいもあり、
料理への応用の幅も広く癖のない味なので
大人だけでなく子供にも受け入れられやすいです。

札幌大球となると1玉で10kgにもなるので、
嫌でも大量に消費者のもとへ送られます。
※札幌大球は本州へはほとんど出荷されない。

最近は野菜不足という警鐘ばかりが聞こえてくるので
久しぶりに良い健康話を聞いた感じです。

キャベツを食べれば健康になるわけではないですが、
野菜は生物にとって必須なので積極的に食べるべきです。

メニュー